タイヤ交換

2021年06月23日カテゴリー : WILLスタッフブログタグ :

当店ではタイヤ交換を承っているので、サマータイヤからスタッドレスタイヤへ付け替え&組み換えやその逆のお客さまが来店されます。

そもそも、タイヤの付け替えと組み換えって何が違うの?の次元だったブログ担当ですが、

付け替え→車からホイール付きタイヤを外して、別のホイール付きタイヤを車に取り付ける

組み換え→車からホイール付きタイヤを外し、さらにホイールからタイヤを外し、別のタイヤをホイールに付け、それを車に取り付ける

こんな違いがあるのをこの冬初めて知りました💦

当店はオートウェイのタイヤ直送店にもなっていますので、オートウェイでタイヤを注文すれば当店にタイヤが届き、お客様にご来店いただきタイヤの組み換え作業をする、ということもできます。

サマータイヤとスタッドレスタイヤの交換時期は季節で分かりますが、季節でないときの交換の目安ってご存じですか?

タイヤが使用しているうちにすり減り、残り溝が1.6㎜になると、タイヤに「スリップサイン」がでます。スリップサインの出ているタイヤはグリップ力が低下して危険ですし、車検にも通りません。でもタイヤのすり減りを気にして普段から運転している人っているのでしょうか?(少なくともブログ担当は気にしていません)

年数でいくと、新品のタイヤに交換してから4~5年です。タイヤのゴムは時間とともに劣化していきます。スリップサインが出ていなくても、ゴムの劣化でタイヤにヒビが入り、パンクしやすくなります。

また、距離の目安としては、5000㎞走行で1㎜摩耗するそうです。新品タイヤの溝は約8㎜ですので新品タイヤに交換して32000㎞走ったらスリップサインが出る計算にはなります。ただ、タイヤの使用状況と保管状況により大きく差がでます。

半年に1回車のオイル交換をして、一緒にタイヤの空気圧と摩耗具合を見てもらうのが理想的です✨

エンジンとタイヤは安全に直結しますので、ぜひ気にしていただきたいと思います!

ここから販売車入庫のご案内です!

スズキ ジムニー XC 平成30年式 走行1.0万キロ

こちらのお車、先日売約となりました!閲覧ありがとうございました!

大人気!ジムニー入庫しております✨スズキセーフティサポート搭載で安全に配慮されたワイルドさが好きな人にはたまらない1台になっております✨このままでも十分かっこいいですが、当店ではここからのカスタムも承っております!ぜひご自身の納得のいく1台を一緒に作りましょう✨

マツダ ロードスター 1.5 S スペシャルパッケージ 平成27年式 走行2.9万キロ

6速MTで走る楽しみを最大限に味わえるロードスターが入庫です✨車線逸脱警報システムやドライブレコーダー、マツダコネクトナビと安全も機能も満載です✨試乗も承りますので、ぜひご体験ください!

最近はどの車も安全装備が充実しています!トヨタのセーフティセンス、レクサスのプリクラッシュセーフティ、ホンダのホンダセンシング、ダイハツのスマートアシスト、と会社によって呼び方は様々ですが、運転者と歩行者の安全を守るために各社が技術を集結しています!同じ車にのるなら、より安全に配慮された車を選んでみませんか?


当店の販売車一覧は上のボタンよりご覧いただけます!

試乗のご予約、車両に関してのお問い合わせもお気軽にご連絡ください✨

車の修理、中古車販売等のお見積り・お問い合わせはこちら